亡父名義の土地・建物の売却の際にかかる税金について

2016/09/02

名取・岩沼地域にお住まいのお客様へ

アドレスの竹森です。
今回のテーマは、亡父名義の土地・建物の売却の際にかかる税金について
是非参考にしていただけますと幸いです。

質問内容1
亡き父名義の土地・建物(母一人で住んでおり、最近施設に転居しました)を
売却したいのですが、税金面などいくら位支払わなければならないのか不安です。
土地はS38年に父が購入し建物はS62年に建て替えしております。
相続人は母、兄、私の3人です。
母所有の不動産は他にはありません。

回答1

今回ご質問の土地・建物を売却される前に、
まず亡きお父様から相続人へ相続登記する必要があります。
お母様名義にされるか、お兄様もしくはご質問者様名義にされるかによって
支払う税金の金額が決まります。

通常、不動産を売却する際、取得した価格より高い価格で
売却出来れば当然売却益が出ますので、
その利益に対して譲渡所得税(所有期間が5年超→20.315%、
5年以下→39.63%)がかかります。

実際に住んでおられたお母様が相続され売却されるのであれば、
3,000万円の特別控除が受けられますので、
住まなくなってから3年後の12月31日までに売却すれば、
譲渡所得税はかかりません。

お兄様もしくはご質問者様が相続され売却される場合、
売却益に対して上記税率の譲渡所得税がかかります。

ただ、ここで注意して頂きたいのが、お母様名義で売却される場合、
翌年の国保料が一時的に高額になるという点です。
(所得割部分がアップします。割合は各都道府県によってかわりますが
大体7~8%が一般的です)

譲渡所得税か、国保料か、金額の概算をみて、
相続する人を決めて頂くのがよろしいかと思います。
さらに、空き家の発生抑制として・・・
旧耐震基準の時期に建てられた住宅が、相続後に空き家になった場合、除去後に土地を売却するか耐震改修した後に売却した際に、譲渡所得から3,000万円が控除されます。

売却するチャンスは今です!!

利用しない建物があり、どうしていいか分からない方、是非一度今後の有効利用について、お話しませんか?

勿論、相談査定は無料のイエステーション南仙台駅前店担当三浦・竹森までお問合せ下さい。
お客様1人、1人に合わせた最善のプランをご提案いたします。

 

無料会員登録はこちら
LINE@で最新情報をお届けします!

0120-046-588

受付時間 9:00~18:30
(第2・第3火曜、毎週水曜定休・お盆、年末年始休)

無料査定依頼 物件に関するお問い合わせ
新卒採用

登録物件情報

一般公開物件

 50

非公開物件

 50

会員限定の公開物件! 無料会員登録する

ログインはこちら

ログイン

楽天No.1

楽天No.1

LINE@ご案内
友だち追加数
  • ワンプライスマンションリノベ√S
  • 新着情報
  • おすすめ物件
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 会社案内
  • お問い合わせ

イエステーション南仙台駅前店

店舗と地図を見る 名取・岩沼のことなら何でもお聞きください!
物置
新卒採用 売りタイ 買いタイ イエステーション

ページTOPへ